コープ共済Q&A

【共通】引越で生協を脱退した場合、共済契約は続けられますか?

引越し等によって、やむを得ず生協を脱退する場合、引越し先でCO・OP共済を取り扱っている生協の組合員になっていただき、お手続きをすれば、契約を続けられます。

【共通】住所変更・氏名変更した場合はどうしたらよいですか?

ご加入の生協へご連絡ください。登録している内容の変更をいたします。正しい住所や氏名の登録がない場合、割戻金の通知など大事なお知らせをお届けできなかったり、共済金を請求いただいてもお支払いが遅れてしまうなど、お手間がかかる場合があります。

【共通】加入者(子どもなど)が独立し別生計となった場合、どうしたら共済契約を継続できますか?

別生計となった方には生協の組合員になっていただいた上で、契約者を変更することにより共済契約を継続いただけます。ご加入の生協へご連絡ください。

【共通】死亡共済金には税金がかかりますか?

死亡共済金が支払われた場合には、亡くなった加入者(被共済者)と、契約者、共済金受取人との関係により、一般的に相続税、所得税(一時所得)+住民税、贈与税などがかかります。重度障害共済金、リビングニーズ共済金、入院共済金、手術共済金については非課税です。

契約形態の例 契約者
(掛金負担者)
被共済者
(死亡)
受取人 課税の種類
契約者=被共済者
≠受取人
相続税
(保険金非課税の適用あり)
法定相続人以外 相続税
(保険金非課税の適用なし)
契約者≠被共済者
契約者=受取人
所得税(一時所得)/住民税
契約者≠被共済者
契約者≠受取人
贈与税

子を死亡共済金受取人指定した場合
※通常、最も税率が高いのは贈与税です。詳しくは最寄りの税務署(住民税については都道府県、市区町村)へお問い合せください。