お知らせ

2016年度 くらしの見直し講演会 開催報告

10月20日(木)ホテルサンルート彦根において、ファイナンシャルプランナーの波多間先生を講師にお迎えし、くらしの見直し講演会を開催いたしました。第一部「家族の幸せとお金に愛される家計の極意」、第二部は「老後の不安まとめて解消セミナー」の内容で子育て世代とセカンドライフ世代に向けたくらしの見直しについてお話をいただきました
img_0043img_0025

午前は20代~60代と幅広い年代の方に、午後は40~60代の方に参加いただきました。
午前中はお子様づれでの参加も多いでした。(託児のお部屋はにぎやかでした)

第一部は23名の参加をいただき、「家族の幸せとお金に愛される家計の極意」と題しお金ついての知識と管理、お金に対する向き合い方についてお話をいただきました。早めに長期的な家計のイメージを持つことが大切です。お金をかけるところと、かけないところをそれぞれのご家庭で明確にされるといいでしょう。教育費や住宅ローンを考えるとき、例えば子どもにはどのような人生を歩んで欲しいのかを考え教育費をどうかけていくのかを検討する必要があります。住宅ローンはどのように返済していくのかを教育費と掛け合わせて考えてください。家計は予算を決めて、守ることが大切ですが、その予算内で家計を楽しむことが重要です。そして、年間の収支で考えましょう。また、お金以外でできることを増やすなど気持ちを肯定的なものに変えていくことが大切であるとのお話でした。

第二部の「老後の不安をまとめて解消セミナー」には17名の方に参加をいただき、これからの高齢化社会に向けての関心の高さが伺われました。公的年金の給付水準は穏やかに低下していくことが予想されています。老後は夫婦で予想される年齢ごとの収入(公的年金等)を把握し、老後資金の不足分がどれくらい必要か事前に知っておきましょう。実際に必要な月額の家計費をノートに書き出して見てください。書き出すことではっきり不足分がはっきり見えてきます。また、医療費や介護の費用もいくらかかるのか知っておくことも大事です。このように掛かる費用がわかればどうやってお金を貯めるかを考えましょう。年齢に応じて医療保障や生命保障を見直すことも一つです。このよう老後の状況を理解することで、少しでも早くから備えをすることが大切です。人とのふれあいと健康を大事に幸せ度を高めていきましょう。

参加者の感想より

  • 日々、不安でしたが今から始められる事、出来る事をして不安を取り除こうと、思いました。10年20年先のことを考えて貯金していこうと思います。
  • 単なるマネーセミナーでなく楽しかったです。お金を好きになり家計を楽しみます。
  • 年間で収支を把握することをしてみます。
  • 一番良かったのは、お金を使う時の気持ちの満足は何かを考える時間をもてたことです。
  • お金の管理のしかた、考え方が分り、見通し力がついた気がします。
  • 大変勉強になりました。「さすが生協」今回、企画をして頂いた事に深く感謝しております。
  • 明るく、楽しく、とても良いお話でした。
  • 老後の不安が少し軽くなりました。健康寿命を延ばして長く仕事が続けられるようにしたいと思いました。ありがとうございます。
  • 年金や老後の具体的な数字が聞けて良かったです。無理のない範囲で行動を起こそうと思いました。

その他多くの感想をいただいていますが、参加頂いた全員の方から講演を聴いて、・気が楽になった・不安がなくなったという感想をいただきました。コープしがでは、今後もこのような講演会を開催していく予定ですので、ぜひご参加をお待ちしています。